«

»

2月 08

低コストな無電柱化工事の確立を!


 

こんにちは!
現在の共同溝方式でも一番費用が掛かるのが特殊部・桝と呼ばれるものです。ケーブルを接続・分岐をしたり、地上機器設置部にも置く必要があります。先斗町桝サイズ

最近ニュースで話題になった京都の先斗町の無電柱化1では、上図のようなコンパクトな桝が実験的に使われるそうです。埋設の深度も浅くなっています。この基準が早くスタンダードになってさらに無電柱化が加速されることを期待したいですね!(J.N)

どんなことでもお気軽に、お問い合わせください。1

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>