«

»

11月 22

無電柱化推進法案 今国会で成立を!!

こんにちは!井上Sです!

倒れそうなくらい傾いている電柱をよく見ます。

倒れそうなくらい傾いている電柱をよく見ます。(京都市内)

昨日、超党派(自民党、民進党、公明党、日本維新の会)で立ち上がった「無電柱化法案」早期成立促進議員連盟から有志の国会議員さん達が今国会での無電柱化推進法案の成立を目指し、文京区千駄木の無電柱化状況を視察されました。

今朝の日経新聞の「記者手帳」というコラムの中で、その話題が取り上げられていました。「美観の裏にある負担論」というタイトルで記事の最後に「電柱を使う場合と比べて10倍かかる無電柱化の費用をどのように分担するか、美観とは裏腹の神経戦が繰り広げられそうだ」とまとめられています。

確かにコストは今のやり方だと10倍かかるかもしれません。しかし、無電柱化推進法案は「今のやり方で無電柱化を推進する」とは一言も書かれていないのです。今のやり方では進まないことは無電柱化のことを少し知ればすぐにわかることで、いま推進させようとしている人はみな、どうすればコストダウンするか、どうすれば早く進むかを真剣に考え、実行に移していっているのです。また、リスクコストは無電柱化するコストよりも膨大なものになりますが、災害大国日本では必ず顕在化するコストです。

私たちジオリゾームも10年以上前から、どうすれば無電柱化が進むのか、考えています。より安全で、より快適ないきいきとした日本になるよう、これからも努力してまいります。

無電柱化についてのお問い合わせはジオリゾーム1へ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>