«

»

1月 16

災害に強いまちづくり:雪と無電柱化

こんにちは!井上Sです!!

寒波が南下しており、昨日は大阪でも2センチほどの積雪がありました。大阪では2センチでも大騒ぎですが、大雪に見舞われている地域の皆様、心よりお見舞い申し上げます。

遊べるほどの積雪はいいのですが。

北海道には無電柱化を推進する力強い方たちが多くいらっしゃいます。その理由の一つは冬場の停電は命に関わる問題だからだそうです。

寒い地方には地面の凍結、着雪、着氷…など、暖地では考えないような現象があります。着雪や着氷、暴風で電線が切れることがあるそうです。・・・停電して暖房が使えなくなったら氷点下の気温の中で過ごす??・・・そんな想像したくない状況になってしまうのが冬の北海道でしょう。北海道電力のHPには現場にスキーで向かい、電線の碍子の冠雪落としをしているメンテナンス状況の写真が載っています(※こちら)1。無電柱化できれば冬場のメンテナンスは少しは楽になるのではないでしょうか。

北方には北方の、南方には南方の地域特性に合った無電柱化の検討が必要ですね。

無電柱化のお問い合わせはジオリゾームへ!2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>