«

»

3月 10

電力・ガスの自由化を機に無電柱化の推進を!


19世紀末のNYの状況(国土交通省HPより)

こんにちは、ナッティです。2016年の電気の小売自由化に引き続き、2017年4月から都市ガスの自由化が行われるのをご存知でしょうか。
私の家にも電力会社からのガス契約の案内がポストに入っておりました。

小池都知事・松原隆一郎氏の共著である『無電柱化革命』において、イギリスの電線類地中化が行われた理由として、電力会社・ガス会社が競合する街灯インフラの事業の競争条件と環境を平等にするためとの記述がありました。つまりどういうことかと言えば、低コストな架空設備を用意できる電力会社の方が、高コストな整備(地中埋設)を必要とするガス会社よりも有利に効率よく事業を展開出来る。であるならば電線地中化を義務化・一般化させてどちらも同条件下で事業競争をさせようということです。

このような不平等と生じる格差は日本にも当てはまるのではないでしょうか。無電柱化推進法案の成立、電気・ガスの自由化を機に日本におけるこのような状態が解消され、無電柱化がさらに推進されるのを期待したいと思います。

無電柱化に関するお問い合わせはジオリゾーム1まで!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>