BLOG

2017.09.16 | 社長

風が強かった!危ない!台風18号の猛威を沖縄で実感!と思ったら…。そんな中、無電柱化NPOの沖縄支部設立準備会合開催!

お元氣様!昨日は国交省マターで、浜松市の現地調査でした!今年の会社の研修旅行も浜松だったので、何かとご縁がありますね!浜松は、メーカーも多く、財政も良好ではないかと思います。と、ここで、実際にそうなのか、ネットで調べてみました。そうすると、2014年度で静岡県の35の市町村の中で、財政規模は最も大きいものの、財政力指数では17位とかろうじて、真ん中より一つ上となっています。そういえば、中心地は活氣があるものの、少し離れた商店街は、シャッター通りになっていました。そういう意味でも、コンパクトシティ化することが有効かもしれませんね。また、中心市街地は無電柱化されているところが結構あり、舗装も、天然石を使うなど、ちょっとバブリーな印象を受けました。実際、バブル頃の設計とのことです。

13日は、台風18号が接近するなか、沖縄でNPO法人電線のない街づくり支援ネットワークの沖縄支部設立準備会合でした。会場をご提供いただいた国場幸之助事務所の皆様、ありがとうございます!8月の沖縄初の無電柱化シンポジウムの大成功を受けて、沖縄でも支部を!ということが高まっており、たくさんの皆様のご尽力もあり、今回の設立準備会合の開催に至りました!沖縄の皆さんの結束力、行動力、は新緑は素晴らしいものがありますね!また、その会合の中で、10月9日(月)に沖縄支部設立記念セミナーを開催する運びとなりました!(チラシ参照)

毎年日本にやってくる台風。今回の18号も日本を縦断の予想です。万全の対策で被害を最小限に抑えたいですね!そんな中、沖縄での会合に向かう途中、道路が閉鎖されていました。レッカー車と消防車、警察と物々しい状況です。大きなエンジン音も響いています。近くに行ってみると、大きな木が強風にあおられて、倒壊。止めてあったレンタカーを直撃、破壊していました!倒れた木を、チェーンソーで切断、レッカーで吊って、撤去していました。強風おそるべしですね!この後の会合で、この話をしたら、実はあの木は、植え替えをして、持ってきた木で、まだ、根が張っていないから倒れたのだろうとのことでした。たしかに、作業を見ていたら、根っこがほとんど張っていませんでした。いくら強風でも、沖縄の木が簡単に倒れるはずはないですよね!

翌日は、朝一番で空港に行って、チケットを確保しようと思いましたが、12時の便は満席…。夕方18時の便が奇跡的に1席だけ空いており、GET!一旦、ホテルに戻って、朝食からのチェックアウトまでお仕事。缶詰め状態で、はかどりました!それから、国際通りへ。東京の事務員さんの誕生日のお祝いにかりゆしウェアを購入。氣に行ってもらえるでしょうか!?国際通りは「奇跡の1マイル」と言われ、飲食店、ホテル、土産物店が密集。道路はきれいに無電柱化されています。ただ、脇道に入ると、電柱が残っています。珍しい、電柱の中間についている柱状トランスを発見。強風対策でしょうか。通常は一番上に付いているのですが。また、引き込み柱がかなり、グロテスクです。何とかならないでしょうか…。

ということで、18時発の飛行機は、台風18号の影響で、出発が遅れ、また、揺れながら、さらに、直前に伊丹空港に着陸した飛行機が、部品を落としたとのことで、捜索しているので、ということで、一時的に滑走路を閉鎖、ぐるぐる旋回して、ようやく、着陸制限時間の21時の6分前に着陸!あと、5分遅れたら、関空に向かうことになっていたかも…。ということで、無事、帰阪!さあ、来週もがんばるで!

一覧へ戻る