BLOG

2016.07.21 | テスト

無電柱化推進展開催中!

無電柱化推進展開催中!(2016/7/21)

無電柱化セミナー
こんにちは、ナッティです。

昨日から無電柱化推進展が開催されております。

初日の昨日は当社の代表井上利一がセミナーに登壇し、無電柱化推進に関する3つの提言という題で発表させていただきました。写真のように、200名近くの方が聴講され大変好評を博しておりました。
本日は朝から天気が悪かったので、初日より人出が少ないのではと心配しておりましたが会場は大変盛況となりました。

明日も17時まで開催しておりますので、無電柱化の今が知りたい方は是非ジオリゾームやNPOのブースまで足をお運びください!!宜しくお願い致します。

推進展に関するお問合せはこちらまでご連絡下さい。

 

無電柱化推進展、最終日です!(2016/7/22)

こんにちは!井上Sです!
東京ビッグサイトで開催中の無電柱化推進展は本日が最終日です。

ナッティによるブース内ミニセミナーの様子。

 

ナッティによるブース内無電柱化ミニセミナーの様子。
昨日は雨が降り、涼しい1日でしたが、会場は熱気につつまれていました。
ジオリゾームのブースでは無電柱化ミニセミナーを行っていますがたくさんの方が足を止め、話を聞いてくださいました。
お立ち寄りいただいた皆様、ありがとうございます。

昨年より無電柱化推進展に出展される会社が増え、これまで知らなかった製品やサービスを知ることができるのも楽しいことです。
今後も低コストで良質な技術を取り入れた、安心・安全の無電柱化提案を続けていきます。

会場でお待ちしております。

無電柱化のご相談は独立系のジオリゾームへ!

 

無電柱化のコスト削減を実現するために活動しています!(2016/7/25)

無電柱化をよく知ってもらうためのセミナー!

無電柱化をよく知ってもらうためのセミナー!【講師:井上利一】

こんにちは、本日はジオリゾームでの無電柱化活動をご紹介します!
現在、西日本のあるところで新規開発地を無電柱化で整備しようとしています!
開発事業者様からご相談を頂き、すぐに無電柱化の実現に向けて行動しました。
まずは、仮設計そして自治体と電線管理者と協議します。
事業主が全額費用負担をするのでより安価な方法を提案することが必要となります!
コスト削減をするために材料は、強度が十分にあり安価で施工性に優れた製品を選定します!

しかしここで問題が発生します!
電線管理者が推奨する材料を使用しないと「設備を設置しない(ケーブルを管に入線しない)」と言うのです!?
理由は・・・「会社の規定に沿って回答をしている。」
担当者レベルでも交渉を行いながら、関係各所の上層部へも協議を申し入れます!
現在、国土交通省では無電柱化推進のため自治体、電線管理者が低コスト手法を取り入れる事を推奨しています!
私たちジオリゾームも絶対にあきらめず最後までやり遂げます!!

防災にも有効な無電柱化へのお問い合わせは、ジオリゾームへご相談ください! 村上

 

無電柱化NPO法人の理事会が行われました!(2016/8/30)

こんにちは!

短期インターンシップ生として、NPO法人電線のない街づくりネットワークで活動している岡村です。

理事会の様子

理事会の様子。皆さん真剣です!

昨日、NPO法人電線のない街づくりネットワークの大阪理事会があり、参加させていただきました!

理事会は役員の方6名とオブザーバーの方2名の計8名で行われました。
理事会では各委員会の報告や実際行われている無電柱化の事業、また、無電柱化が行われる地域について熱い議論が交わされます。

私も、NPO法人の一員として8月26日に東京で行われた無電柱化セミナーの報告をさせていただきました。無電柱化セミナーはとても好評で、より多くの方に無電柱化が知られつつあるのだと実感。

理事会ではさまざまな分野の方が、熱く無電柱化を語っているのがひしひしと伝わります。普段の活動とはかけ離れた内容の濃い、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

インターン生として活動を始めてから、空にかかる電線がとても気になるようになりました。活動をする期間は残りとても短いですが、これからも無電柱化を応援し、電線のない街を、空を広げていきます!!

無電柱化について興味を持たれた方は、いつでもご連絡ください

 

東京都の無電柱化に対する小池都知事のお考えは!?(2016/8/31)

こんにちは!井上Sです!

先週のNPO法人電線のない街づくり支援ネットワーク 主催の無電柱化セミナーは大変盛り上がりました。ありがとうございます!

今日はセミナーと同じ日に出た月刊『WILL』から東京の無電柱化についての話です。

月刊WILL10月号で小池都知事が東京都の無電柱化について話されています。

月刊WILL10月号で小池都知事が東京都の無電柱化について話されています。

 

月刊『WILL』 10月号(ワック出版)の中で小池都知事と東京大学大学院の松原隆一郎先生が対談をされています。

小池都知事は対談の中で「実は先ほど既に、推進法と同じ中身の条例ができるか検討するよう事務方に指示をしました」と話されています。

東京都内では、都道38%、区市町村道2%が無電柱化されているようです。区市町村道の無電柱化が進まない理由は、その約95%の道路は歩道の幅が2.5m未満でしかないので、従来の埋設方法である「電線共同溝方式」では無電柱化が進まない、ということだそうです。

東京都の無電柱化の課題は、歩道幅員2.5m未満の道路への対応であり、解決のカギは従来の電線共同溝方式より「簡便」・「安全」・「コストが安い」技術の導入です。

そのために都は区市町村と技術面も手続きも財政面も緊密に連携したいと話されています。
無電柱化の新市場を開発し、起業を促すくらいのことをしたい、これは経済の成長戦略にもなる、無電柱化は異次元に突入したのだ、という話を小池都知事はしておられます。

小池都知事は無電柱化の問題点・課題・推進させる方法も熟知していらっしゃいます。「できない理由でなく、できる理由を考えなさい!」とセミナーで発言されたことがありましたが、まさにジオリゾームが無電柱化について取り組んでいることです。

都知事 社長

無電柱化についてのご質問。お問い合わせは 独立系の会社で無電柱化のできないを「できる!」にすべく、

日々奮闘しているジオリゾームへ!

 



一覧へ戻る