BLOG

2013.01.28 | テスト

無電柱化の価値・メリットはなんだろう?

常に前向き可能思考でチャレンジしよう!無電柱化 企業(2013/1/28)

おはようございます!

今、電線類地中化土壌汚染調査太陽光発電の営業活動を行っていますが、とくに電線類地中化は金額も大きなものになりますので、お客様も慎重になられます。

そのなかで、いかに電線類地中化のメリット、たとえば、

災害に強い、景観が美しい、自由な道路設計ができる。

などをご説明して、採用していただけるよう努力しています。

これからも、少しでも美しく、安全、安心の街が増えるよう顔晴ります!

Y.K

どんなことでもお気軽に、お問い合わせください。

 

電柱電線の下の富士山(2014/5/13)

電線類地中化…とは一体どういうものなの??

電線を地中に埋めることによって、景観の向上や災害に強いなどの様々なメリットがあるようです。

また、電柱がなくなることによって道路幅が広がりお年寄りや車椅子の方、ベビーカーの通行がスムーズになります。

話は変わりますが、先日富士の方へ旅行に行った際、雪をかぶったきれいな富士山を見ることができました。そこで記念に写真を1枚パチリ・・・

と美しい富士山が撮れたのですが、よくよく見ると見事に電線が入っていました。
せっかくの記念写真が何だか残念です。美しい風景の中に、電線は必要ないなあと思った瞬間でした。

ジオリゾームでは、電線類地中化にも力を入れて取り組んでいます。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。M.S

 

無電柱化は、災害に強い?(2014/12/4)

こんにちは!電柱と無電柱化は、どちらが災害に強いのでしょうか?単純に無電柱化の方が地上に出ている部分が殆ど無い(変圧器等の地上機器は地上に設置。)ために設備自体の損害は、少ないと言えます!電柱や電線は、毎年発生する台風や火災、事故等の影響で倒壊や断線をして家屋や車両を破損させるなどの2次災害を起こしたりもします。

1995年の阪神淡路大震災では、多くの電柱が倒壊し緊急車両の通行を妨げ現場到着を遅らせたと伝えられています。阪神淡路大震災のような巨大な地震では、無電柱化(地中化)された地域でも被害を受け、災害に強い無電柱化ですがひとたび被害を受けると、復旧に時間が掛かるデメリットもあります。しかし台風などによる直接的な被害は、無電柱化には殆ど無いと言っても良いかもしれません。

やっぱり無電柱化の方が災害に強いと言えると思います!S.M

 

草津市内で無電柱化住宅地を提案せよ!(2014/12/10)

こんにちは!
本日は、直行で、滋賀県の草津市に行ってきました!丁度、通勤・通学時間帯でしたので、JRは満員でした。
今回は、草津市内で住宅地開発を検討しておられる不動産会社さんに、無電柱化の提案に行ってきました!
無電柱化の良さは分かるがコストがなあ…。とおっしゃるので、コストをかけるだけのメリットをお伝えしました。

1、資産価値の向上

2、災害に強い

3、デザイン性の高い街区が設計できる(曲線道路等)

4、スッキリした景観!

5、車庫入れがしやすい、通行の邪魔にならない

6、ハト糞無用

などなど。

何より、無電柱化はこれからのスタンダードになる可能性を秘めているので、競合他社に先駆けて実施することは、大きなブランドイメージの向上につながります!

草津でも、無電柱化の街が誕生するよう、顔晴ります!T.I



一覧へ戻る