BLOG

2020.12.22 | テスト

開発地周辺の道路の無電柱化推進に向けて!現地調査で出会った特殊な電柱

お元氣様です!本日は無電柱化の現場の下見や営業に行った際に気になる電柱が建てられておりましたので思わず写真を撮ってしまったものをご紹介いたします。

建物に突き刺さった電柱

千葉県の某所にて配線ルートを確認していると建物の裏側へ向かっている配線がありました。
前方から見た様子では一般的な引き込み柱なのかと思っておりましたが、横から見てみてビックリ!
建物に突き刺さっております。
どういった経緯でここにこの様に立てることになったのか?詳細は不明ですが京都の新京極にある神社の鳥居が建物に突き刺さっていたことを思い出しました。建物上部の止水の技術も凄いですね。水漏れはしないのでしょうか?
昔だから出来たのか、今でも建築の許可は下りるのか、分かりませんが中がどうなっているのか気になってしまうそんな電柱でした。

 

曲げられた電柱

こちらは神田駅前の特殊な電柱です。都内では別の所でも見たことがありますが、なんとも言えないバランス感覚ですね。ビルから突き出した看板を避けるための策なのでしょうか?強度の計算なども一般のものよりも複雑そうですね。どうにか道路にも影響を少なくして、工夫して配線を通そうとした東京電力さんの努力と知識に感服です。

 

 

 

まとめ

上記の二つの様な案件も地中化を行うことですっきりと配線をすることができますね。
街中の派手な看板に関しては賛否両論あるとは思いますが、神田駅前の電柱に関しては看板もよく見える様になり、さらに協定等を組み看板の彩を抑えることで情緒ある雰囲気を醸し出すことができそうです。
また、これだけの知識と技術を持った東京電力さんであれば無電柱化に関してもより低コストで使いやすい製品を考えていってくれるのではないかと期待しております。
青い空のよく見える景観の良い街づくりを目指していきましょう!
下記は下見した現地の空の写真です。解体中の空は雲一つない澄んだきれいな空でした。

無電柱化に関しては特に今が変換期です!その為、電線事業者への相談だけでは上手に進まないことも多くあると思います。無電柱化したいけど、どこに相談したら良いか分からない???という方はまずはジオリゾームへ相談してみて下さい!
迅速に前向きな相談をしてくれるスタッフが大勢おりますのでよろしくお願いいたします!
無電柱化に関しては国土強靭化に向けて国も推奨しております!皆さんで声を挙げて是非推進していきましょう!

望月



一覧へ戻る