もっと知りたい!
無電柱化コラム

2019.02.27

無電柱化のブックレットが発刊されました!東京・大阪で記念トークインも開催。

無電柱化ブックレット「見あげたい日本の空☆復活へのシナリオ 無電柱化の時代へ」

平成30年11月10日の「無電柱化の日」に合わせてNPO法人電線のない街づくり支援ネットワークより発行された、一般及び行政の方向けの無電柱化冊子です。
64ページという限られたページ数の中にできる限り、読者に役立つ図版や写真を取り込み、「無電柱化の手引き」決定版と自負するものとなっております。無電柱化の歴史や現状、これからについて書かれたわかりやすい一冊になっています。

目次

1 なぜ今、無電柱化なのか
(無電柱化の目的:防災、安全・安心、景観・観光)
2 「電柱大国・日本」はこうしてつくられた
(世界との比較、日本で無電柱化が進まなかった理由)
3 今はじまる無電柱化への大きな流れ
(国、地方、民間の動き)
4 無電柱化のハードルを越える
(意識改革、適切な手順、低コスト化、合意形成)
5 無電柱化の実現へ
(無電柱化事例の紹介)

書店でも、NPO法人電線のない街づくり支援ネットワークからでもご購入いただけます。

ブックレット発刊記念トークインin東京

平成30年12月12日(水)、東京・新宿の新宿文化センターにおいて「無電柱化ブックレット」発刊記念トークインin東京が開催されました。

トークイン冒頭に、当社代表であり電線のない街づくり支援ネットワーク事務局長でもある井上が、今年起こった数々の災害を画像を通して紹介。6月の大阪北部地震、その直後に起こった滋賀県米原での竜巻、7月の西日本豪雨では、188,000戸の停電、通信障害は、実に124,000回線に及びました。9月4日~5日にかけての台風21号では、西日本をはじめ広範囲に被害が広がりました。停電は2,615,360戸、通信障害は各社多数。電柱も1700本が倒壊しました。

無電柱化は災害に強い!地震多発地帯日本での効果について

トークイン出演者

・屋井鉄雄先生(東工大副学長)
・小林遼平氏(つくば市都市計画部市街地振興課学園地区市街地振興室 主査)
・松沢斉氏(白馬駅前の無電柱化を考える会・株式会社白馬硝子店 代表取締役)
・今村俊治氏(東京電力パワーグリッド株式会社配電部無電柱化推進グループ チームリーダー)。

つくば市の無電柱化条例や、白馬村の無電柱化事例、東京電力パワーグリッド株式会社の無電柱化への取り組みなど、様々な視点からの無電柱化についての講演に、会場は盛り上がりをみせました。

美しく無電柱化されたつくば駅周辺

ブックレット発刊記念トークインin大阪

平成30年11月27日(火)に、「無電柱化ブックレット」発刊記念トークインin大阪が開催されました。

トークイン出演者

・髙田理事長(コーディネート役)
・三柴氏(芦屋市無電柱化担当課長)
・神戸氏(京都先斗町まちづくり協議会副会長兼事務局長)
・守屋氏(関西電力(株)送配電カンパニー配電部配電計画グループマネージャー)

関西の無電柱化を牽引する皆様のお話に深く興味を持たれた方も多かったと思われます。

電線のなくなった先斗町

詳しくは NPO法人電線のない街づくり支援ネットワークHPにて掲載中です。

無電柱化のおすすめ書籍「電柱のない街並みの経済効果」

日本の街並みと欧米を比べる際、漠然とした違いを感じる。それが電柱のあるなしと分かった時、私たちの見る景色は、もう電柱から逃れられない。電柱をなくすとは、どういうことか、その経済効果は?また不動産の価値はどうなるのか。無電柱化の不動産評価に迫る。

目次

第一章 無電柱化について
第二章 不動産鑑定評価基準(理論)上での扱い
第三章 電柱のない街並みの評価に関わるその他の手法
第四章 電線類地中化事業の実際
第五章 電柱のない街並みの評価実例
第六章 不動産評価の検証

不動産鑑定士の先生と、20数年にわたり無電柱化された住宅地とそうでない住宅地の資産価値を調査した内容について書かれてあり、その結果を見てみると、無電柱化された住宅地のほうが4~9%資産価値が高いという結果が出ています。無電柱化の不動産評価についてなどを詳しくまとめた内容になっており、ぜひ一度読んでいただきたい一冊です。

無電柱化の豊富な実績と歴史