もっと知りたい!
無電柱化コラム

2020.01.23

情報誌”グランじお”43号~最新情報を毎月お届けしています!~

今月の内容は…

阪神淡路大震災の取材(神戸・芦屋)を通じて、無電柱化の防災の高さを実感!
じおブラリー:若者の恋愛事情鋭く分析『恋愛しない若者たち』 牛窪 恵 著
じおの羅針盤

「地球環境を良くしたい!美しい街をつくりたい!」
そんな思いを持ったメンバーが、“無電柱化(電線地中化)”のホットな情報、お役立ち情報を毎月お届けしています!

ご興味の在る方は、メールアドレスを教えていただければ、無料でお送りいたします。
お問い合わせフォームより、お気軽にお申込みください。
詳しい内容は、この下をごらんください。

グランじお43号

2020年の1月。今年は阪神淡路大震災から25年が経ちました。その間、神戸市は、着実に復興の道を歩んでいます。震災で発行した復興債もほぼ償還され、これから第2ステージを迎えようとしています。

京都や大阪から遅れること25年、神戸は今、繁華街三ノ宮を中心に再開発の計画が立てられ、現在は、駅周辺から工事が始められています。三ノ宮駅では西日本最大のバスターミナルの建設も計画されています。大阪や京都とは違った特色が今後の再開発でできるかどうか。人口の増加が進まず、福岡市、川崎市に抜かれ政令指定都市では7番目の人口数になってしまった神戸市の今後の取組みに注目です。(T)

阪神大震災から25年 ABC朝日放送が「激震の記録 1995」をWEB公開!阪神淡路大震災の取材(神戸・芦屋)を通じて、無電柱化の防災の高さを実感!

大阪の朝日放送ABCが「震災25年CSR企画」として阪神淡路大震災取材映像アーカイブ「激震の記録1995」をWEB公開している。
1995年1月17日、6,434名の犠牲者を出した阪神淡路大震災から25年が経った。
実際の映像は、以下のサイト「映像アーカイブ」からご覧になって下さい。
https://www.asahi.co.jp/hanshin_awaji-1995/

■無電柱化のアンケート~神戸市・芦屋市
実は井上が理事兼事務局長を務めるNPO法人電線のない街づくり支援ネットワークで2018年1月11日に阪神地方の各市にアンケートを実施。神戸市・芦屋市から回答を頂いた。その中の一部を以下に紹介します。

神戸市・芦屋市とも倒壊した電柱や断線した電線が道路の通行を阻害。緊急車両の通行や生活物資の輸送にかなりの影響を与えたとの回答を得た。一刻を争う状況の中、障害のない状況が少しでも多いほうがいい。

➢神戸市への質問と回答
質問:無電柱化された住宅街で、特に震災の被害が少なかったなどの事例はありましたか。
回答:整備効果としては、整備が進んでいた市役所周辺(占用不許可指導による無電柱化)・旧居留地・ハーバーランド並びに六甲アイランドでは、倒れた電柱による緊急車両等の通過阻害並びに電線類そのものの被害が少なかったと思われます。このため神戸市の主要企業の本部機能が集中するこの地域では、通電による火災防止、復旧作業の短縮のほか、震災からの復旧・復興に向けて企業活動を進めるうえでの中枢機能が守られた効果は非常に大きかった。


◎阪神淡路大震災時の神戸地区ケーブル被災状況

※被災率はケーブル総延長に対する被災延長の割合
質問:「震災(災害)と電柱」についての取り組みについて一言コメントいただけないでしょうか。
回答:本市では震災を経験した都市として無電柱化社会の早期実現に向けて、国、県、公安委員会、電線管理者の協力を得て、管理道路の無電柱化に努力してまいります。その中でも、災害時でも緊急車両の通行を確保できるよう緊急輸送道路の無電柱化を推進してまいります。

➢芦屋市への質問と回答
質問:芦屋市六麓荘などの無電柱化された住宅街で、特に震災の被害が少なかったなどの事例はありましたか。
回答:震災当時、無電柱化された住宅街は六麓荘だけであった。六麓荘に関しては、電柱による被害というより、元々、山を切り開いた地区であり、地盤が強固であったため、被害が少なかったと思われる。その他、JR芦屋駅北側においては、再開発事業により無電柱化がなされていたが、周囲がビルなどの強固な建物であることや、整備されて間もない頃であり、被害が少なかったと思われる。ただ、再開発区域の周囲の住宅地(主に木造)は、被害が大きかった。

質問:芦屋市の高い無電柱化率、日本屈指の無電柱化率ですが、23年前の阪神・淡路大震災を契機としているのでしょうか。
回答:特に阪神淡路大震災を機に、無電柱化を進めてきたわけではない。しかし、震災復興事業において、区画整理事業では区域の基幹となる道路を無電柱化し、街路事業では実施した路線の全線で無電柱化を行った。
震災後の平成8年以降に開発が始まった南芦屋浜地区においては,景観・防災の観点から無電柱化が行われている。


↑阪神・淡路大震災、当時の災害の様子

相談無料の無電柱化に関するお問合せは大阪営業所まで
TEL (06)6381-4000
担当:井上・村上・夏目・柳川

グランじおの定期送付のお申し込みは<こちら>から