«

»

5月 17

無電柱化ニュース『自家発電で無電柱化の普及が進む?』

水力発電所

こんにちは村上です!
本日は、発電と無電柱化1について考えてみます!
電気を作る仕組みは、どの様なものなのでしょうか?
小学生のころ理科の授業で、モーターへ電池で電気を送りスクリューを回したり、モーターに電気を送っていた電池を豆電球に置き換えて、スクリューを回転させる所を指で回して、豆電球を点灯させる実験をしました!この原理が電気をつくる仕組みです!発電所にはいろいろと方式がありますが、その殆どが電気を発生させるモーターにあたる(発電部分)を回転させて電気を作っています。
色々とある発電方法の違いは、どの力を使用するかの差です。水力発電は、水圧を利用し火力や原子力は熱によりお湯を沸かして、その蒸気で回転させます。
※太陽光発電など回転運動を必要としない方法もあります。原理として簡単なものであり、家電の消費電力もどんどん小さくなって来ています!

未来では、自宅で発電して自家消費することが当たり前になり、発電所が不要となり電柱・電線がなくなる日も、そう遠くない様に思います!
その日までは、無電柱化を推進させるために活動していきます!
無電柱化の情報、設計については、ジオリゾームにご相談を!1