«

»

5月 22

静岡県が緊急輸送路での電柱新設を禁止。拡がる日本の無電柱化。

こんにちは、岡井です。

先週ジオリゾームでは社員旅行が開催されました。今年の旅行先は静岡県浜松市でした。

スズキやホンダといった日本を代表する企業の創業地であり、うなぎなどの海の幸が豊富な都市です

そんな静岡県は緊急輸送路の電柱新設を禁止しています。

自治体による禁止措置は全国初で、すでに設置済みの電柱や道路沿いの私有地は対象外です。

電柱新設禁止の主な理由は他の自治体と同じ以下の4つです。

①安全で快適な空間の確保

②景観の向上

③都市災害の禁止

④情報通信ネットワークの信頼性の向上

特に静岡県は「富士山ー信仰の対象と芸術の源泉」が世界文化遺産に登録されています。

葛飾北斎の「富嶽三十六景」や1000円札の裏面に採用されている位、日本人にとってなじみが深いものです。電線はそんな絶景を遮ってしまいます。

現在緊急輸送路の電柱新設を禁止しているのは7府県2市です。

山形県、埼玉県、静岡県、滋賀県、大阪府、兵庫県、熊本県

横浜市、熊本市です。

無電柱化のこの輪がもっと全国に広がる日はそう遠くないかもしれません。

無電柱化のお問い合わせはぜひジオリゾーム1へ!