«

»

6月 05

電柱による交通安全への影響。無電柱化で電柱による事故の減少を!

こんにちは、岡井です。今日は電柱による交通安全への影響をご紹介します。

自動車が電柱に衝突した際に、人が自動車と電柱に挟まれると悲惨な事故が発生します。

例えば平成26年9月17日東京都世田谷区代沢2丁目の都道で発生した交通事故では、小学3年生の女児3人が軽トラックと接触、内1人が車と電柱の間に下半身を挟まれ重体、その後死亡したという痛ましい事故が発生しました。

交通事故総合分析センターの鈴木陽介研究員の研究によりますと、電柱への衝突事故は死亡重症者数が多く、死亡重症率も高いことが分かっています。電柱の細長い形状は、自動車が衝突した際に車両に局所的な変形を生じさせ、乗員に重大な損害を与えてしまいます。

さらに、電柱への衝突事故については、3~4日に1度報道されているとのデータも存在します。電柱が存在することでの悲惨な事故を無くすためにもどんどん無電柱化が進めることが有効です。

 

無電柱化へのお問い合わせはジオリゾームへ1