当社の強み低コスト無電柱化提案

無電柱化サービス「VIE SORA」

VIE SORA GeoRhizome

美空×VIE:活気ある街、人生、生活

ジオリゾーム独自の無電柱化総合サービス「VIESORA」は、
「美しい空」とまちづくりに携わる人・住む人・そのまちを訪れる人、すべてに
「いきいきとする生活・人生」を提供します。

独立系の強みを生かした低コスト無電柱化の提案が可能。

当社は、電力系や通信系の子会社ではない日本唯一の“独立系”の無電柱化企業です。
一切の垣根にとらわれない顧客目線でコストパフォーマンスを追及した無電柱化の提案が可能です。

ここに注目!

なぜ「独立系」だと
低コストになるの?

これまで、無電柱化の仕様は電線管理者(電力会社・通信事業者)が決めていました。また、電線管理者としては、電柱が標準仕様で、地中化は特別仕様になります。そのため、電線管理者が設計すると、従来の電線共同溝にならった高額仕様になります。当社では、独立系の為、独自のノウハウで、住宅開発地という特性を踏まえた、低コスト手法の導入を、自治体や電線管理者に働きかけて、設計することが可能になるのです。

最小限の設備、材料の検討と交渉

  • 自治体や電線管理者が求める高スペック規格を国交省が求める
    低コスト手法に準じた最新のスペックに置き換える交渉・協議が可能。

    市や自治体が管理する「自治体管理方式」の無電柱化の場合、電線共同溝方式に則った仕様として、

    1. 1. 管路材や桝(ハンドホール、マンホール)の強度
    2. 2. 埋設深度、離隔等の規格について高スペック規格を要求すること

    が多いのが現状です。
    当社では、全国の事例や実績を根拠として、電線管理者や国交省で採用されている標準スペックに置き換える交渉を行います。

  • 管路材料の同等スペックへの置き換え、自社設計により使用材料を必要最低限に。

    各電線管理者仕様の材料を同等スペックの安価な材料に置き換えることで、コスト削減を実施します。また、当社が一から配管・配線を設計することで、必要最低限の材料で無電柱化を実施することを可能にします。※実績を根拠として交渉します。

    管路材の同等スペックの材料への置き換えの事例
    • 公共工事における電線共同溝整備事業で、
      同等スペックの管路材を使用している事例

      滋賀県【湖北地域振興局 長浜建設管理部 道路計画課】発注
      工事番号:平成17年度 第621-2号
      工事名:間田長浜線 景観整備(うるおい) 工事

      FEP管を使用した電線共同溝整備事業及び無電柱化整備
      管路材布設工 埋設管設置 KGP PV等(電力・通信) 2,110.0m
      管路材布設工 埋設管設置 FEPφ80(ケーブルTV) 397.7m
      管路材布設工 埋設管設置 FEPφ50(道路管理者・滋賀県警) 1,765.0m
      管路材布設工 埋設管設置 FEPφ30(電波障害) 111.7m
      (公共工事でも、同等スペック材料=FEP管は使用されています。)
      管路施工断面図
    • 民間開発事業者の無電柱化整備における、
      同等スペックの管路材使用の実績

      1. 兵庫県三田市下深田地区地内
        平成16年7月 工事名:【三田市下深田地区宅地無電柱化(電線地中化)工事】
      2. 大阪府茨木市小野原東5丁目
        平成16年10月 工事名:【シエルセーヌ阿武山Ⅱ無電柱化(電線地中化)工事】
      3. 大阪府高槻市奈佐原2丁目
        平成16年10月 工事名:【シエルセーヌ小野原無電柱化(電線地中化)工事】
      4. 大阪府枚方市中宮北町
        平成17年9月 工事名:【枚方中宮北町無電柱化(電線地中化)工事】
      5. 大阪府豊中市旭丘
        平成19年9月 工事名:【豊中市旭丘無電柱化(電線地中化)工事】
      6. 千葉県印西市
        平成29年1月 工事名:【印西市牧の原4丁目18番(ザ・グレーシオン印西牧の原)宅地造成工事】
      他多数

コストを最小化する工事方法

1. 電力・通信設備の一括施工により、コストダウンと工期短縮を実現します。

2. 共用桝(特殊部)と管材料の長さによるコストダウン

※当社の実績:主に関東地方、中部地方(愛知県、岐阜県)
管路工の問題点として、電力と通信の桝(特殊部)が別々なので1日の作業終了時に管の先端が不揃いになることがあります。 あまりにも長さが違うと、次の日の掘削時に前日の仮復旧を撤去する部分が大きくなり時間や材料などのロスが発生します。ロスを防ぐために管を切断して管の先端を揃えることもあります。そうすると、管材が無駄になります。結局どちらかにロスが出ることになります。 対策として、
1. 電力と通信の特殊部を共用にする。 2. 管の長さを統一する ことが考えられます。

無電柱化工事の低コスト化のポイント

1. 桝接合部の固定を片側で出来るようにする! 2. ハンドホール、マンホールの小型化・軽量化をする! 3. 共用桝での整備を標準化する! 4. 管材料の長さを統一する! この四つの項目だけ実現した場合でも、トータルコストで5%程度の削減が可能です!
管材料の材質、管路の埋設深度などその他の方法が実現すればさらにコスト削減につながると思います。

フルサービスでも単品(設計のみ、協議のみなど)でも依頼可能。

無電柱化の設計・協議・施工などの全てをワンストップでお手伝いさせていただくフルサービスはもちろん、
一部分のみ(設計のみ、協議のみ)の単品発注もご利用いただけます。
行政やCATV・電力・通信業者との協議、設計、工事はもちろん、コスト削減提案や材料選定まで、きめ細かくサービスをとり揃えております。

サービスと費用はこちら

お客様目線で対応。「無電柱化、できます!」

”独立系”の一切の垣根にとらわれない顧客目線で、コストパフォーマンスを追及した提案をいたします。
また、大手企業にはない、迅速な対応、小回りと機転の良さ、実績にもとづいた交渉・施工でお客様を徹底的にサポートいたします。
他社で「無理」だった無電柱化も一度ご相談ください。

複数パターンの無電柱化提案が可能です。

土地利用計画、価格帯に最適な整備内容を複数提案できます。

  • 1

    周辺地域の無電柱化整備状況と
    計画内容に合わせた、最適な仕様・方式

    仕様1. 完全な無電柱化 2. 一部無電柱化 3. 裏配線併用

    方式1. 自治体(行政)管理 2. 自治会管理 3. 電線管理者4. 電線共同溝 5. 1~3併用

  • 2

    お客様の事業計画に応じた
    無電柱化整備を実施
    1. 高級住宅地→特殊部(桝、マンホール)の蓋を化粧用、街路灯の提案を街並みに合わせたものに。
    2. 販売価格を抑えたい場合→一部無電柱化の検討、開発区域外の柱上変圧器の利用など
  • 3

    関西圏、関東圏、名古屋圏などに
    対応可能

    関西圏、関東圏、名古屋圏の無電柱化は仕様が違いますが、いずれも対応実績があり、提案・対応できます。他の地域も対応させていただきますので、一度ご相談ください。

あらゆるご要望に即対応、アフターフォロー

大手企業にはない、迅速な対応、小回りと機転の良さ、実績にもとづいた交渉・施工でお客様を徹底的にサポートいたします。また、追加項目(設計のみでのご注文後に設計監理業務の追加など)についても即対応いたします。

当社は、無電柱化のまちづくりを推進する「NPO法人電線のない街づくり支援ネットワーク」の会員企業であり、NPOの専門家(都市計画、ランドスケープアーキテクト、ハウスメーカー、設計会社、無電柱化資材商社などの意見を集約し、地域に根差したまちづくり“街を丸ごとプロデュース”のサービス提供が可能です。

また、「資産価値向上ビジネス」-無電柱化事業の他に、「環境リスク対策ビジネス」-土壌汚染調査事業、「再生可能エネルギービジネス」-自然エネルギー事業をご提供しております。

お客様のご要望に対し、あらゆる可能性を追求し、徹底的にサポートさせていただきます。