BLOG

2018.09.19 | スタッフ

うわっ!空が広い!!吹田市円山町でエコで快適、安心安全な無電柱化の街が開発されています!

こんにちは!井上Sです!!

先日、小学校6年生の時の担任の先生から突然電話をいただき、「無電柱化、がんばれ!」と応援していただきました。約40年前の教え子を応援してくださる恩師に感謝するとともに感激しました。(先生は83歳になったとおっしゃっていました。いつまでもお元気で!!)

吹田市円山町で開発されているエコで快適、安心安全な無電柱化の街

大阪府北部に位置する吹田市円山町の日本生命千里山総合グラウンド跡地で大林新星和不動産㈱様の開発が進んでします。

↑開発地の北側からの眺望。奥に見える森は垂水神社です。

連休の中日に吹田市円山町の住宅開発地に走って行ってきました。(走って7分ぐらい。地元です!)最寄り駅は阪急電鉄北千里線関大前駅ですが、地下鉄御堂筋線(北大阪急行)の江坂ー緑地公園間を走る電車の車窓から開発しているのが見えます。

この開発をされている 大林新星和不動産㈱様の「環境影響評価書案の要約書」によると

「吹田市の環境政策に資する事業として、「エコで快適、人にやさしい安心・安全な住宅地の形成」を目指し、関西で有数の閑静で上質な周辺環境に配慮した住宅地の開発を目的とします。」

と書かれています。

この地域は風致地区※であり、ここに無電柱化の街が誕生します。

※風致地区…都市の風致を維持するために、都市計画法によって定められた地区です。
近年、各種開発によって著しく都市の自然が失われつつありますが、「風致地区制度」は、樹林地、丘陵地、水辺地等の良好な自然的景観に富んでいる区域や、良好な住環境を維持している区域等を「風致地区」として指定し、これにより生活にうるおいを与え、緑に富んだ快適な都市環境を維持しようとするものです。(吹田市HPより引用)

↑こちらは南からの眺望。開発地の中に公園も作られ、これから緑豊かな街になっていくようです。

下記に無電柱化の街の特徴をあげます。

1. 防災・減災

開発道路内に電柱・電線が無くなると災害時の被害を最小限に抑えることが可能になります。

2. 資産価値の向上

無電柱化で整備された街は約4~9%の資産価値の底上げ効果が期待されます。

3. お客様への訴求効果

車の出入りがしやすい。空の見え方が違い、開放感のある景観は住民の満足度UP!

↑電柱と電信柱が狭い道路の両脇に立っているという、これまでの当たり前の住宅地の風景が劇的に変わる日が近い!

一歩家から外へ出て、空を見上げて電線があると鬱々した気分になることがありますが、電線がないと爽快な気持ちになれそうです。周辺環境にマッチした落ち着いた街が出来上がるのが楽しみです!

無電柱化の街づくりは 独立系のジオリゾームが、設計・施工・協議まで一括サポートいたします。



一覧へ戻る