BLOG

2020.03.19 | スタッフ

無電柱化工事が終わっても、なぜ電柱抜柱までに時間がかかるのか?

こんにちは!井上Sです!!

「コロナ」の意味はなんだったか、と検索してみると下の方にスクロールしないと出てきませんでした。ジオリゾームは在宅勤務や時差出勤を取り入れながら、本日も元気よく営業をしております!

京都・先斗町 驚きのスピード抜柱!

先日先斗町を見に行ってきました。

北側は電柱電線が撤去され、これがあの先斗町!?と驚きます!

↑先斗町歌舞練場の前から南を向いてみると「先斗町に空がある!」という感動があります(笑)歌舞練場と書かれている塀のような壁の下部にトランスが入っています。

↓以前は下の写真のような感じでした。

2015年に先斗町の無電柱化事業は着工が決定され調印式が行われ、実際の工事の着工は2017年。(先斗町まちづくり協議会HPより)着工から3年で抜柱、というのは電線管理者も前例にとらわれない超スピード対応ですね!

なぜ抜柱までに時間がかかるのか

「無電柱化は計画から抜柱まで平均7年かかる」と言われています。

ジオリゾーム大阪営業所前の広域緊急交通路である国道479号線の無電柱化は2014年に管路工事が完了していますが、工事完了から6年たった今も電柱が立っています。この差って何??と思わずにいられません。

総務省行政評価局が2014年8月に『無電柱化対策に関する調査』をされており資料が公開されています。その中で問題点と問題提起がされています。

<地域において改善すべき問題点>
●電線共同溝完成済み箇所の電柱 電線が未撤去 ・電線が未撤去
●電線共同溝完成済み箇所における占用許可の手続きが遅延
●電線共同溝の管理が不適切
●緊急輸送道路における無電柱化が低調

<全国的な課題について問題提起>
●無電柱化の様々なニーズを考慮したより適切な指標の設定
●電線共同溝完成済み箇所における電柱・電線類の撤去の徹底

さらに、近畿管区行政評価局の資料の中には下記のような内容もあがっています。

事業完了から電線共同溝事業の占用許可までの期間について(工事完了から抜柱までの期間)大阪国道事務所管内調査対象箇所数7か所のうち、1年未満で抜柱されたのが1件、その他6件はそれ以上、4年以上かかっていたものも1件あったとのことです。

架空の電線を地中の管路に敷設して電気を送れることを確認し、各需要者への配電の切替工事をしてからでないと抜柱がされません。

↑架空電線のメンテナンスは高所でこわそうですね。

電線が地中の管路に敷設ができない理由は、

「本体管路の不良が見つかり、敷設工事中断中」

「敷設工事中であるが、一部箇所において信号機の引込み管路ができておらず、国道事務所が警察と協議中」

「道路照明等の引込み管路ができていないため、敷設工事を中断中のため」

と書かれています。それ以外に、

「占用予定事業者が敷設していないため、架空線や電柱の撤去ができないもの:大阪市 1 か所」

という「!?」って思ってしまう内容も書かれています。詳しい内容は下記にある通りですが、要約すると「電線管理者がやっていなかった。また道路管理者も特に何も言っていなかった」ということになります。

大阪市が管理する同市道西淡路南方線(整備延長:0.9 ㎞、箇所の所在地:東淀川区西淡路1丁目~西淡路4丁目)は、平成 23 年3月に事業が完了し、ほとんどの区間は既に抜柱済みとなっているが、一部の区間(約 0.1 ㎞)において、関電が管理する電柱が、道路の中央分離帯に3本、歩道に3本(うち1本は架空線等がない裸の電柱)立っており、これら電柱を撤去できない理由について、関電では、電柱に架設されている架空線が撤去されていないためであり、撤去され次第抜柱するとしている。
当該路線を管理する大阪市では、残っている架空線は、当該電線共同溝事業の占用予定者であることから、当該事業者に対して、平成 24 年9月 14 日に占用許可を与えて、既に敷設できる状況となっているが、その後、当該事業者から敷設工事届出がなく、また、大阪市も当該事業者に対して敷設するよう督促等を行っていなかったため、現在、当該事業者の架空線が撤去されていないとしている。
大阪市では、現在、当該事業者に撤去を要請中としている。
なお、当該路線は、大阪市が開催する「第 2 回電線共同溝早期抜柱会議」(平成 26 年3月 18 日開催)にかけられているが、当該資料によると、撤去に係る特段の記載等はない。

過去の資料を見ると、そういう調査が今の無電柱化推進に生かされているのだなあと感じます。

先斗町での対応の早さを目の当たりにすると電線事業者の前向きさを感じることもできます。逆風の中にある電線事業者の変化に期待します。。

↑先斗町南側も今年、電線電柱が撤去されるようです。さらに美しくなった先斗町に賑わいが戻るのが待ち遠しいですね!

無電柱化のことならジオリゾームへお問い合わせください。



一覧へ戻る