BLOG

2020.07.20 | スタッフ

横浜市役所新庁舎へ無電柱化の相談に行って参りました!

お元氣様です。

先日は東京都のパイロット事業の助成金に関するブログの内容に民間企業が入れない?!と記載いたしましたが、新規案件にて面積や道路の距離がパイロット事業に合致する内容がございまして現在申請・協議の進行中です。もしかすると民間企業も入る隙間があるのかもしれないということで進んでおりますので、その辺りにつきましてはどのように進めていったのかを今後のブログにてご紹介していきたいと思いますので、

更新を心待ちにしていて下さい!

…ということで本日は新規案件の打ち合わせで横浜市役所へ訪問して参りました。商業ビルのようにとても綺麗な庁舎で感動しました。横浜市役所には無電柱化専門の窓口というものは存在しない為、相談をする上でも道路維持課・管理課・路政課・建設課と割り振られまして色々と回ってまいりました!横浜市では市で行う無電柱化の事業に関しては経験が豊富にあるということなのですが、どうやら事業主からの依頼で開発地内を無電柱化した事例が無いというお話でした。

民間の宅地開発地内にて毎度、問題となるのが地上機器をどの位置に置きましょうか?という問題です。地上機器を置く位置によって必要な桝の数や配管の断面に関係してきますのでコスト面でも大きく打撃になります。歩道が確保できない4~6m程度の幅の道路の中には民地の一部を市に道路用地として移管して管理していくことが一般的なのですが「初めて行うことを許可出来ない」というのが行政機関の決まり文句でもあります。横浜市でも同様の事を言われ兼ねないので、様々な行政とのやり取りを例に上げつつ今後どのように攻略していくのかがジオリゾームとしての腕の見せ所でもあります。

また、今後の横浜市のスタンダードとして決まってくる部分でもございますので責任を持って安全施工で実施出来ればと思っております。現状、回答待ちの状態ではありますが前向きな意見を貰うことができましたので

なんとか良い方向に進んでいけるようにジオリゾーム&無電柱Net【NPO】として

進んでいけるように引き続き対応していければと思います。

無電柱化に関するお問い合わせは株式会社ジオリゾームへ!

2020年7月29日~31日にてインテックス大阪にて無電柱化推進展がございます!

弊社もブースを出し、セミナーも行いますのでご都合が付く方が居られましたら

完全予約制とのことですのでお早めにご登録下さい!

望月



一覧へ戻る