BLOG

2021.02.02 | スタッフ

大雪も影響する!電柱電線への被害の実態と事例(新潟県)!

こんにちは!最近、土日で4本ぐらい映画を見ている柳川です。半年前に入れておいた映画を見れるアプリが自粛期間、大活躍しています。

今回は冬の大雪が電線電柱に与える影響について紹介致します。

冬の嵐が到来

「2021年1月、全国的に広い範囲で暴風雪となりました。その中でも、新潟県では、大雪により各地でけが人が出たほか、電柱が倒れたり建物の屋根が飛んだりする被害が発生しました。新潟市西蒲区では強風で10本の電柱が倒れたそうで、信号機が一時点滅状態になりました。<中略>新潟県内では7日午後1時半すぎに佐渡市で停電したのを始め、暴風により多くの市町村で停電が発生し、東北電力は作業員660人体制で復旧作業に当たったが、夜間で原因箇所を見つけにくかったり、強風で高所作業車を利用できなかったりして、復旧作業は難航しました。」(2021年2月新潟日報より一部抜粋)

このように東北では大雪による電柱への影響が多くありました。私は大阪生まれ大阪育ちなので雪に馴染みはありませんが、雪の重さは相当重いと学校で習ったような気がします。電柱、電線は公共のインフラの中でも唯一といっても過言でないぐらい地上に設置されています。通常、下水やガス、水道は地中に埋設されているのに対して、どうして電気、通信設備は地上なのでしょうか。無電柱化の話をすると、地中の方が危ないのではと仰られる方がたくさんいます。しかしながら地中配管でも安全であることは水道やガスなどの設備が無事であることが表していると思います。

湿った雪と暴風雪がもたらす送電障害

この時期多発する湿った雪と暴風雪、海から吹き付ける強風とが送電障害を引き起こす原因となります。雪が樹木や電線の上に積もって重そうに垂れ下がっている光景を目にしたことがある方は多いですよね。電線に雪が付着することで大きな負担がかかり、その重みに耐え切れずに電線を切断して停電が発生します。

一方で、強風も送電障害を発生させる原因となります。強風によって電線が大きく振動した場合、電線同士が接触することでショートが発生するからです。特に、着雪時に強風が吹く場合、重くなった電線によって振動が大きくなり、ショートの危険性が高まります。これに加えて電線に着雪する雪が塩分を多く含んでいる場合には、塩分によって絶縁能力が低下することで、ショートを引き起こすおそれがさらに強くなります。

こうした送電障害の発生する可能性は、「着雪注意報」と「暴風雪警報」もしくは「風雪注意報」の発表によって知ることができます。特に、これらの警報・注意報が同時に発表されている場合は送電障害が発生する可能性が高くなっています。

しかし、電線類を地中化することで、この送電障害は防げます。無電柱化にすることで雪が電線に着雪する心配もありません。無電柱化セミナーや展示会など今年も多く開催される予定ですのでみなさま是非ご参加ください。

最後に

ジオリゾームはInstagramでも無電柱化を発信しています!電柱のないきれいな街並みの写真がありましたらInstagram、Twitterなどで「#無電柱化のジオリゾーム」で発信してください!

ジオリゾームのHPには他にもこのようなページがあります!

ジオリゾームの新商品「1PPONでも無電柱化」

5~10区画ほどのミニ開発でも無電柱化できます

実績とお客様の声

よくあるご質問

ご興味のあるページがございましたら、是非ご覧ください!

ジオリゾームは無電柱化の設計から施工まで一貫して行う独立系企業の無電柱化スペシャリストです。
また、近年では宅地開発だけではなく、既設の電柱を地中化する「IPPONでも無電柱化」の事業にも取り組んでいます。
ちょっとした疑問、質問にも丁寧に対応致します。ご興味ある方は一度お気軽にご相談下さい。(^o^)
最近は無料でオンライン相談も受け付けておりますので、是非ご活用ください。


一覧へ戻る