もっと知りたい!
無電柱化コラム

2018.10.23

情報誌”グランじお”28号~最新情報を毎月お届けしています!~

 地球環境を良くしたい!美しい街をつくりたい!そんな思いを持ったメンバーが、“無電柱化(電線地中化)”のホットな情報、お役立ち情報を毎月お届けしています!

ご興味の在る方は、メールアドレスを教えていただければ、無料でお送りいたします。
お問い合わせフォームより、お気軽にお申込みください。
詳しい内容は、この下をごらんください。

 

グランじお28号

9月4日から5日にかけて、西日本を縦断した台風21号は、台風の進路の東側に当たる地域に強烈な雨と風をもたらした。
関西電力の発表によると、停電戸数は、約381,000戸(18時時点)にも及んだ。
関西電力発表分の近畿各県の停電の内訳は以下の通り。
大 阪 府:約236,000戸
和歌山県:約 56,000戸
兵 庫 県:約 49,000戸
京 都 府:約 30,000戸
滋 賀 県:約  6,000戸
奈 良 県:約  4,000戸
この数字は、あくまでも暫定的なもので、その後19時に発表された経済産業省のデータでは41万戸と発表された。
停電の原因は電柱倒壊、高圧線断線、樹木接触(倒木)等 がある。
今回の台風21号では、大阪府を中心に電柱の倒壊が1000本以上にも及んだ。

電柱倒壊の影響で配電線が多数箇所にわたり断線する等、深刻な被害を受けてたため、停電復旧にかなりの時間を要した。
通常、ある一定の地域で断線による停電が発生すると、送配電を実施し、電気が流れず途切れているところを探して工事するが、停電箇所があまりにも多いと、送配電をしても特定することが難しく、一つ一つ目視して確認しなければならない。
台風21号のあとに、発生した台風24号では、静岡沿岸地方に深刻な停電をもたらし、復旧に最長で3日かかったが、実は上で説明した、一つ一つ目視をしなければならない状況を必要としたためだった。

相談無料の無電柱化に関するお問合せは大阪営業所まで
TEL (06)6381-4000
担当:井上・村上・夏目

 

その他の掲載記事

・台風21号・24号の被害から無電柱化の大切さを考える!
・エコで快適、安心安全な無電柱化の街
・じおブラリー 良書で学ぶ街づくりの処方箋!井上章一著『日本の醜さについて 都市とエゴイズム』幻冬舎新書
・じおの羅針盤 -GEO’S COMPASS- 無電柱化マイスター当社代表井上のメッセージ

グランじおの定期送付のお申し込みは<こちら>から

■関連記事>>>無電柱化は災害に強い!地震多発地帯日本での効果について



一覧へ戻る