BLOG

2018.01.25 | スタッフ

日本の無電柱化が進まない理由は地上機器(トランス)が原因??

こんにちは!井上Sです!!

大寒とはよく言ったものでヒエヒエ(冷え冷え)ですね!「首を温めるとよい」と聞きますので、事務所の中でもマフラー+リストウォーマー+冷えない靴下は必需品で、今週はそれにプラスして腰カイロ、と完全防寒しております。おしゃれとはほど遠い格好です(笑)。おしゃれと言えば京都の四条通のLV前。お店の真ん前の地上機器、LVのシールでも貼ってまえ!と思ってしまうのは大阪人のセンスでしょうか…。

↑京都四条通のLV前の地上機器。色味はLVと同じです(笑)

地域で無電柱化をしようとしたときに問題になることのひとつがこの地上機器の置き場所についてだそうです。電力会社ごとに違うこの地上機器、九州電力が一番小さいサイズで高さ900mm×奥行500m×幅1100m、一番大きいものは東北電力で1,450mm×450mm×1300mmあります。これがもし家の前に置かれたら…。

■電柱に乗っている柱上変圧器の役割

電柱の上にのっているバケツのような柱上変圧器は変電所から送られてくる6,600ボルトの電気を100ボルトや200ボルトの電圧に変える装置です。

柱上変圧器は、低圧ブッシング、容量表示、高圧ブッシング、電圧切換タップ、鉄心、放熱板、コイル(絶縁紙がまかれています)などで構成されています。

↑中部電力HPより

住宅街の電柱の場合、2,3本に1本だけ柱上変圧器が乗っていたりします。しかし電気をよく使う商店街などでは電柱の上の変圧器が2つも3つも乗っていることがあります。

↑京都市先斗町は飲食店が密集していて電力需要が大きい。柱上変圧器も大きいものが3つ乗っていて、重さは合計1.5t!!(クラウン1台分!?)になるという@@;

■地上変圧器の中身は?

中部電力のHPの地中配電の説明のページに次のような内容が書かれています。

「都市などの高い建物が建ち並んでいるところには、電柱を使わず、地中に穴を掘って、その中に地中ケーブルという電線を通して電気を送る「地中配電」をおこなっている場所もあります。電柱がないため、火事のときに消防活動がしやすくなったり、台風のときに電柱が倒れたり電線がきれることがなくなるので、災害時の被害が少なくなります。また、電線が空中を飛び交うことがなくなるので町の景観が良くなります。

変圧器塔は、高圧カットアウトスイッチ(ヒューズ)、変圧器高圧ブッシング、変圧器低圧ブッシング、高圧ケーブル、低圧ケーブル、低圧ヒューズ、分岐端子、接続線などで構成されています。

地上変圧器は「柱上変圧器と同じように、配電用変電所から送られてくる6,600ボルトの電気を100ボルト・200ボルトの電気に変える装置です。電柱の上に取り付けられている柱上変圧器やヒューズなどのさまざまな装置を一体化してコンパクトに1つの箱にまとめ、地上に設置しています。地中配電にはこの他に、高圧の引込開閉器や配電線の区分開閉器、連絡開閉器を1つの箱にまとめた「引込用開閉器」や「多回路開閉器」が地上に設置されています。」(図・文ともに中部電力HPより引用)

■日本の無電柱化が進まないのは地上機器が原因??

最初に書いたように、無電柱化すると地上機器(変圧器や開閉器など)が必要となり、この機器の置き場所について住民の合意を得るのに時間がかかることが多いのです。また、なかなか小型化しない、仕様が公開されていないため、地上機器メーカーが独占する商品となるので、市場原理が働きません!要請者負担で無電柱化する場合、地上機器の費用も要請者が負担する、ということになってしまいます。

どこかに小型で低価格で信頼性の高い地上機器を作ってくださる独立系の会社がないでしょうか…。

無電柱化のことなら、何なりとジオリゾームへお問い合わせください!

 



一覧へ戻る