BLOG

2014.11.12 | テスト

美しい街づくりのための無電柱化がなぜ進まないの?

歴史的な街並みには、無電柱化を!(2014/11/12)

東海道有松の美しい街並み

こんにちは!最近は、無電柱化に関する話題がたくさん報道されて、全く興味のなかった人達にも“無電柱化”に対して関心を持って頂けるようになりました。

美しく安全な街を新しく造るのも大切ですが、歴史を感じることができる上の写真のような大きく堂堂としている町家が立ち並んでいる街並みを、無電柱化により守っていくことも大切です。

ジオリゾームでは、古い街並みの保存や商店街の活性化についてもご相談を受け付けています。どうぞお気軽にお問い合わせください!ご連絡をお待ちしております。
S.M

美しい無電柱化の町並みづくりに電柱が景観を阻害する(2014/11/13)

高槻市内は、JR高槻駅前通りから一部の地域で無電柱化を進めてきれいな街づくりを進めているようですが、まだ電柱が多いのが、現状です。

防災面(震災時は、過去の事例から電柱倒壊による火災事故が多数発生)からも、無電柱化を進めていただきたいと思いますが。無電柱化が進まないのでお地蔵さまも首をかしげています?(Y.K)

 

重要伝統的建造物群保存地区の無電柱化はまだ進んでいない(2014/11/25)

お元氣様です!
今日は、大阪は雨でした。でも、ラッキーなことに、ランチタイムは丁度、雨が上がって、食事に出かけることができました!ツイてる!

ところで、皆さん、「重要伝統的建造物群保存地区」ってご存知ですか?縮めて、重伝建地区と言ったりします。その名の通り、歴史的な建物がまとまって残っている地域で、国が指定して、保存活動をしているところです。

今年の9月時点で、43道府県88市町村108地区あります。この数字は、毎年少しずつ増えています。

京都市の産寧坂や金沢市の東山ひがし地区などが有名ですね。それで、こうした歴史的な町並みは、当然無電柱化されているだろう、と思って、大学院で勉強していたときに調べたのですが、全国の重要伝統的建造物群保存地区の中で、すべて無電柱化をしているところは、5か所しかありませんでした。

一部でも地中化しているところで、約半分という状況で、日本の無電柱化の遅れを目の当たりにしました。
こうした、歴史的な町並みは、技術やコストを改良して、はやく無電柱化したいですね!
T.I

 

無電柱化で商店街を活性化!(2014/11/26)

こんばんわ!今日は出張で東京営業所に来てます!
こちらはずっと雨です!少し寒いですね!寒さに負けずに、顔晴ります!

最近商店街での無電柱化が増えているように思います。

東京の北品川商店街も、電線類地中化と石畳で、街をきれいにして、活性化しようと試みているようです!
日経新聞の下記の記事にも出ていました。

東海道最初の宿場町、旧品川宿があったのは現在の京浜急行の北品川駅周辺だ。品川駅近くの高層ビル群とは目と鼻の先ながら、昔ながらの雰囲気を感じられる商店街や住宅地が残る。そんな旧品川宿を、内外の人が集まる交流の場にしようとする動きがある。(2014年11月24日 日経新聞)

品川は、リニアの発着駅にもなるということで、また、東京オリンピックに向けても、海外からの観光客を含めて、活性化が予想されますね!そこに備えた動きだと思います!

こうした動きが全国で広がるといいですね!私たちも、お手伝いします!T.I

 

無電柱化に福の神?(2014/12/2)

大阪のJR福島駅の橋脚に布袋様が表れています。無電柱化を進めれば福が舞い込むのでは?ぜひ、無電柱化を進めていただきたいと思います。(Y.K)

 



一覧へ戻る