BLOG

2020.12.19 | スタッフ

こんなところに!地上機器に見えない設置方法!

こんにちは!寒い日は必殺技カイロを駆使している柳川です。

今日は地上機器の設置方法についてお伝えします。地上機器といえば、きれいな場所でもあると目立ったり、歩道にあると邪魔になったり、落書きされている機器もありますよね。今回はそんな地上機器が目立っていない様々な設置方法を紹介できればと思います。

堺市で見つけた古代風看板

☝こちらの古代風の絵が描かれた看板ですが、裏を見てみると地上機器がありました。メンテナンスをするときは上にあげて見るみたいです。これだと歩道を歩く方からは地上機器ではなく看板に目がいくので素晴らしい工夫がなされていると思いました。

先斗町ならではの魅せ方

☝狭隘道路での無電柱化で有名なのは、現在進行形で無電柱化が進められている京都は先斗町。この場所は元々はお店のショーケース置き場だったのですが、土地所有者の許可を得て、地上機器をショーケースがあった場所に設置し、そこに京風の箱を被せることで工夫されています。これだと絶対に地上機器と分からないし、おしゃれに見えますよね!

他にもたくさんあります!

地上機器を工夫して設置されている場所は他にもたくさんあります!街中や観光地で見つけたら記念に写真を撮ってInstagram、Twitterなどで「#無電柱化のジオリゾーム」で発信してください!

ジオリゾームのHPには他にもこのようなページがあります!

ジオリゾームの新商品「1PPONでも無電柱化」

5~10区画ほどのミニ開発でも無電柱化できます

実績とお客様の声

よくあるご質問

ご興味のあるページがございましたら、是非ご覧ください!

ジオリゾームは無電柱化の設計から施工まで一貫して行う独立系企業の無電柱化スペシャリストです。
また、近年では宅地開発だけではなく、既設の電柱を地中化する「IPPONでも無電柱化」の事業にも取り組んでいます。
ちょっとした疑問、質問にも丁寧に対応致します。ご興味ある方は一度お気軽にご相談下さい。(^o^)
最近は無料でオンライン相談も受け付けておりますので、是非ご活用ください。


一覧へ戻る