BLOG

2013.12.13 | テスト

電線類地中化には「方式」がある?どんなものがあるのか、説明いたします!

電線類地中化の方式:電線共同溝方式(2013/12/13)

電線共同溝の電力分岐桝

こんにちは、本日は、電線類地中化の方式について書きます。
今回は、電線共同溝方式について、です。

電線共同溝方式とは、「電線共同溝の整備等に関する特別措置法」 に基いて 電線の設置と管理を行う2つ以上の電線を収容するために道路の管理者が道路の地下に設ける施設です。

【施設の内容】
電線を収容するための管路と特殊部(電線の分岐部分を収容するための施設や分岐桝及び簡易トラフを含む。)連係管路(電線共同溝に収容された電線と周辺の架空線等の電線を結ぶために必要な管路のうち、当該電線共同溝に係る電線共同溝整備道路の区域内に設けるものをいう。)引込管路(民地への電線の引込のための管路のうち道路区域内に設けるものをいう。)を含むものとする。

以上です。

どんなことでも気軽に、お問い合わせください。

S.M

電線類地中化の方式:自治体管理方式(2013/12/14)

本日は、自治体管理方式です。
地方自治体が管路設備の費用を負担し、管理するものです。

構造的には電線共同溝と同じですが、位置付けが道路占用物ですので道路管理者が規定する土被りを確保する必要があります。

また、電線管理者からは負担金を徴収せず、ケーブル入線に要する費用は電線管理者が負担します。

以上です。どんなことでも気軽に、お問い合わせください。

S.M

電線類地中化の方式:単独地中化方式(2013/12/16)

岐阜県美濃市【伝統的建造物群保存区】 「うだつの上がる町並み」

本日は、単独地中化方式です。

電線管理者が自らの費用で地中化を行い、管理するものです。構造的には電線共同溝と同様ですが、位置付けが道路占用物であり道路管理者が規定する土被りを確保する必要があります。

また、電線事業者独自のより厳しい品質規格があるため、材料費も割高になります。

各電線事業者ごとに地中化に要する全ての費用を自らが負担する事となります。

S.M

電線類地中化の方式:要請者負担方式(2013/12/17)

岐阜県美濃市【伝統的建造物群保存区】 「うだつの上がる町並み」にある地上機器

本日は、要請者負担方式です。

全国10 ブロック毎の道路管理者、電線管理者、地方公共団体等の関係者からなる地方ブロック無電柱化協議会で優先度が低いとされた箇所において電線類地中化を実施する場合に用いる手法です。

原則として電線類地中化整備費用は全額要請者が負担する必要があります。

民間デベロッパーが整備する戸建分譲地における電線類地中化は、この方式に含まれます。

S.M

要請者負担方式での維持管理方法について(2013/12/18)

電線類地中化の街【サンクチュアリ・ヒル箕面】

本日は、要請者負担方式で整備した電線類地中化施設の維持管理方法について説明します。(3種類の方法があります。)

1.自治体移管方式 事業主の負担で整備した電線類地中化設備(各電線事業者用の管路・桝等の設備)を地方自治体に道路付属物として、移管する方法。

自治体への移管後(施設の引渡し、無償譲渡等)に地方ブロック無電柱化協議会が電線共同溝として路線認定する場合もあります。

S.M

要請者負担方式での維持管理方法について その2(2013/12/19)

多回路開閉器

本日は、前回に続き要請者負担方式で整備した電線類地中化施設の維持管理方法について説明します。(3種類の方法があります。)

2.自治会管理方式事業主の負担で整備した電線類地中化設備を、住民で作る自治会で管理する方式です。

電線類地中化設備は、自治会で維持管理をして、自治会(住民)が維持管理費用以外に、道路管理者に占用料等を払うリスク があります。

S.M

要請者負担方式での維持管理方法について その3(2013/12/22)

神戸市の電線類地中化設備

本日も、引き続き要請者負担方式で整備した電線類地中化施設の維持管理方法について説明します。(3種類の方法があります。)

3.電線事業者管理方式(単独地中化)事業主の負担で整備した電線類地中化設備を各電線事業者(電力会社、電話会社、ケーブルテレビ会社など)が設備を引き取り維持管理していく方式です。

単独地中化方式と同じ内容の管理方法です。現在は、電線事業者が電線類地中化に対して協力的で工事規格、使用材料についても協議に応じてくれることがあります。

S.M



一覧へ戻る