«

»

3月 31

無電柱化の低コスト化には仕様の統一が不可欠!


無電柱化の街は長期的に見ると資産価値も向上します!

こんにちは、ナッティです。先日問合せで四国の民間の戸建開発で無電柱化を実施したらどれくらい費用がかかるのかという質問を受けました。

当社はこれまで主に関西と関東で相談を受けておりましたので、担当する電力会社に電話して、必要な設備や仕様について聞いてみました。すると、今まで経験が無いから答えようの無いとのことで、大変困ってしまいました。

実は関東と関西の配電方式についても多少違いがあります。配管方法や必要な設備や種類にも違いがあります。西日本と東日本で周波数の違いはあれども、整備基準については10電力で統一してもらいたい所ですね。確かに、民間開発地の無電柱化の需要というのはまだまだ少ないとは思いますが、統一がなされれば、スケールメリットが出て来る材料というのもあるのではないでしょうか。

もちろん、ジオリゾーム1では各電力会社の承諾を得た上で低コストでの整備をドシドシ提案致しますので、全国どこでも安心して相談下さい!宜しくお願い致します!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>