もっと知りたい!
無電柱化コラム

2019.02.05

情報誌”グランじお”32号~各自治体が無電柱化計画を続々発表!~

地球環境を良くしたい!美しい街をつくりたい!そんな思いを持ったメンバーが、“無電柱化(電線地中化)”のホットな情報、お役立ち情報を毎月お届けしています!

ご興味の在る方は、メールアドレスを教えていただければ、無料でお送りいたします。
お問い合わせフォームより、お気軽にお申込みください。
詳しい内容は、この下をごらんください。

 

グランじお32号

各自治体が無電柱化計画を続々発表!国土交通省が無電柱化推進計画支援事業を創設!

昨年4月に国の無電柱化推進計画が出され、無電柱化を更に加速する必要があることから、防災・安全交付金において、計画的かつ集中的に支援する無電柱化推進計画支援事業を創設。予算290億円が計上されました!
推進計画の中で掲げられている「2020年までに約1,400kmの無電柱化に着手する」という目標の確実な達成を図るため、同目標に係る地方公共団体による無電柱化の整備を計画的かつ重点的に支援。無電柱化推進計画において、無電柱化の必要性の高い代表的な区間に位置づけられている無電柱化事業等を対象に配分されるようです。

国交省・公共事業関係予算のポイント

31年度予算編成の基本的な考え方
○ 公共事業関係費については安定的な確保を行い、その中で、①防災・減災対策強化のための個別補助化や老朽化対策、②生産性向上のためのインフラ整備への重点化を推進する。
○ 具体的には①防災・減災に関して、地方公共団体への交付金による支援から、個別補助による計画的・集中的な支援への切り替え、②長寿命化計画に基づく戦略的な老朽化対策といった維持修繕を重点的に進める。

最近、無電柱化推進計画などが発表された主な都市

さいたま市が平成30年12月に無電柱化推進計画(素案)を発表しました。

計画では2018年度から2028年度までに、
防災上の重要な道路の無電柱化率 12%⇒20%
バリアフリー経路の無電柱化率  54%⇒ 70%
https://www.city.saitama.jp/001/010/018/006/p062181.html

横浜市が平成30年12月20日、無電柱化推進計画を策定しました。

3つの方針のもと、今後10年で取り組む目標を設定するとともに、無電柱化の推進に向けた施策等を定め、無電柱化を推進します。としています。
方針1.「都市の防災力の向上」~ヨコハマを安全なまちに~
方針2.「良好な都市景観の形成や観光振興」~ヨコハマを美しく魅力的なまちに~
方針3.「安全で快適な歩行空間の確保」~ヨコハマを美しく魅力的なまちに~

http://www.city.yokohama.lg.jp/doro/press/h30/download/181220happyou.pdf

NPO無電柱ネットHPでの解説

名古屋市が平成31年1月に無電柱化推進計画(案)を発表しました。

日本一の無電柱化率の実現へ無電柱化を進めるとあります。またパブリックコメントを募集している。

平成31年1月16日(水)~2月15日(金)まで
http://www.city.nagoya.jp/ryokuseidoboku/page/0000110576.html

群馬県が「群馬県無電柱化推進計画2019」を発表しました。

「魅力あふれる群馬」の実現を目指し、2019年からの10年間に優先的に無電柱化する区間や整備目標を定めた(5年後に見直し有)。

http://www.pref.gunma.jp/07/h34g_00001.html

相談無料の無電柱化に関するお問合せは大阪営業所まで
TEL (06)6381-4000
担当:井上・村上・夏目

その他の掲載記事

・各自治体が無電柱化計画を続々発表!国土交通省が無電柱化推進計画支援事業を創設!
・じおの羅針盤 -GEO’S COMPASS- 無電柱化マイスター当社代表井上のメッセージ
・無電柱化のイベントのご案内・2月
◆第23回「震災対策技術展」横浜~自然災害対策技術展~
◆NPO無電柱ネット主催無電柱化推進セミナーin九州

グランじおの定期送付のお申し込みは<こちら>から

 



一覧へ戻る